解説 2021.09.17

2021年版 無料でiPhone で YouTubeの広告をブロックする(消す)方法

YouTubeの広告をブロックして、表示しない方法をご案内したいと思います。YouTubeの動画を見るとき必ずといっていいほど表示される動画広告はYouTubeを無料で利用する上では必要な広告です。でも、毎回毎回同じ広告を見なければいけないのも利用者としてはストレスです。そんなときにYouTubeの広告をブロックする方法を知っているか知らないかではこれからのYouTubeを楽しむことに大きな差が出ます。

 

目次

無料版ダウンロード

広告ブロックアプリ AdLock 無料ダウンロード
iOS
Android
Windows
macOS

スマホ/タブレット/PCの
広告をブロック

無料版ダウンロード

このごろ、テレビを見る時間が減っていませんか?世界中のほぼ20億人が、テレビではなく、その代わりにYouTubeを毎日何時間も見ています。オンライン動画は、従来の放送よりもはるかに優れている点があります。テレビは毎週同じ時間まで待たないとドラマの続きを見ることはできません。まして、見逃してしまった場合は過去放送を見ることができない番組のほうが多いです。自分が見たいときに、自分が見たい動画を自分で決められるだけでなく、そのためにお金を支払う必要もありません。

もちろん、私たちは別の形をもって、間接的にお金を払っています。- 動画再生時に表示される広告を見ることによって無料でYouTubeを利用しています。今の時代、広告閲覧により無料で利用できるサービスがあふれています。これは変わらないインターネットの世界常識となっています。これは従来のテレビと何ら変わりません。しかも、Youtubeでは個々の動画に広告が表示されます。多くの場合、広告はスキップできず、もしあなたが本当に長い動画を見ようとしているならば、テレビCMのように広告を見るしか手はありません。広告は動画の途中で流れます。当たり前ですが、Appleの最新モデルや最も高価なモデルを購入しても、何の解決にもなりません。

おそらく、インターネットを利用しているときに大量の広告を見なければいけないストレスがこの記事にたどり着いた理由だと思います。この記事ではiPadやiPhoneでYouTubeの広告をブロックする(消す)方法を紹介します。

YouTube広告の種類

「YouTube広告」とは何かを説明します。YouTubeのようなビデオストリーミングプラットフォームがAppleユーザーに提供している広告の種類を理解して、より効率的に戦うことができるようにすることは確かに重要です。実際、5つあります。

  1. スキップ可能な動画広告: これは、すべての動画に表示される種類の広告です。最長30秒続きますが、5秒間視聴した後はスキップできます。動画の前、最中、後に表示されます。
  2. スキップできない動画広告: この種の広告は、スキップするオプションがなく15秒以上続きます。特に、Googleアカウントにログインしていないユーザーに影響します。
  3. ミッドロール広告: この広告は通常、長いYouTube動画で配信されます。番組の途中(通常は10分後)に表示され、スキップすることはできません。
  4. バンパー広告: YouTubeで配信される最も短い動画CMです。スキップすることはできませんが、6秒間しか続きません。
  5. コンテンツ埋め込み広告。このタイプの広告は、YouTubeではなくYouTuberによって配信されます。これらはビデオ自体に統合されているため、タイムラインを手動でスクロールする以上のことはできません。

 

YouTube Premium を契約し広告を表示させない

プレミアムYouTubeアカウントで広告を取り除く

最も簡単な解決策は最もお金がかかるかもしれません。月額 1,180円で、YouTubePremiumのサブスクリプションを購入できます。この有料月額プランを使用すると、すべてのYouTubeコンテンツを完全に広告なしで楽しむことができます。他にも利点があります。

  • 事前にダウンロードされたビデオクリップを視聴するためのオフラインモード(飛行機など)。
  • 画面がオフのときに音楽を聴くためのバックグラウンドモード。
  • Googleの提供するミュージックコンテンツとアプリへの無制限のアクセス。
  • YouTube Originalsの独占番組とシリーズ。
  • 1つのアカウントでiOS、Mac、PC、さらにはTVでも動作します。

次に、1か月間の無料トライアルと、お得な割引サブスクリプションプラン(家族または学生)が適用できるかも確認してみてください。YouTube Premiumは、動画を視聴するだけでなく、AirPodsで音楽を楽しむためにも、このサービスを頻繁に利用している場合に検討する価値のあるオプションです。

 

でも、毎月1,180円もお金を払わずにYouTube広告を削除する方法は他にもあります。それらについてさらに話します。

 

SafariでiPhoneのYouTube広告をブロックする(消す)方法

最新のiPhoneおよびiPadモデルは、最新のアプリが完全にそろった状態で利用できます。これには、ポップアップのブロック機能も備えたWebブラウザのSafariが含まれます。ポップアップのブロック機能は、Webの閲覧時に悪意のある信頼できない広告スクリプトがダウンロードされないようにすることが可能です。このような悪意のあるような特定の場面では役立つ場合がありますが、残念ながらYouTubeの視聴には役立ちません。YouTubeなどの動画プラットフォーム上の動画広告はもちろん合法であり、広告ブロックされないホワイトリストになっています。

幸いなことに、iPhoneのAppStoreには、広告ブロックアプリがいくつかあります。このような広告ブロックアプリは、広告の種類に関係なく、ユーザーが希望すれば設定を有効にすることにより、Safariで閲覧するWebページからWeb広告をブロックするように設計されています。広告ブロックアプリをiPhoneにインストールしたら、Safariコンテンツブロッカーのリストで広告ブロックアプリをアクティブ化(有効)する必要があります。

まずは無料でSafariの広告をブロックできるAdLockをインストールして次の手順に従ってください。

App Storeへのリンク

  1. iPhoneの設定を開き、Safariを選択します。
  2. 下にスクロールして、[ポップアップブロック]をオンにします。SafariでiPhoneのYouTube広告をブロックする方法
  3. [コンテンツブロッカー]をタップして、インストールした広告ブロックアプリを確認します。
  4. この表示された広告ブロックをオンにします。コンテンツブロッカー
  5. 念の為、iPhoneを再起動し、Safariを再度起動します。

iPhoneのAppStoreにある様々な広告ブロックアプリは、見た目があまりにも似ているため、混乱を招く可能性があります。ただし、すべてが同じように広告ブロックできるとは限りません。信頼性、シンプルさ、iPhone以外にもAndroid版、Windows版、Mac版を取り揃えているアプリは、AdLock以外にほぼありません。

 

AdLockを使用してiPhoneでYouTube広告をブロックする方法

AdLockは、最新のテクノロジーにより、iPhoneおよびiPad向けのYouTube広告ブロックアプリの中で最も優れています。Safari のポップアップブロックや他のサードパーティ製コンテンツブロッカーとは異なり、AdLockは、Safariの設定で有効にした直後から、YouTubeのあらゆる種類のCMをブロックします。特定の広告の代わりに、真っ白な画面にスキップボタンが表示されるかもしれませんが、AdLockを使用すると、通常はまったく邪魔されずにビデオが再生されます。手軽に利用できます。

 

YouTubeだけでなく、あらゆるオンライン広告やポップアップがAdLockのフィルターによってブロックされます。しつこいバナーや煩わしい広告のない、iPhoneでのWebブラウジングの素晴らしさを体験してみてください。

そして、次のような他のAdLockの利点を追加してください。

  • オンラインでの守秘義務の保護。
  • マルウェアやスパイウェアに対するセキュリティシステム。
  • Safariに特化した膨大なフィルターリスト。
  • iPhoneを「ジェイルブレイク」する必要はありません。
  • 好きなように自由な調整が可能です。

ちなみに、iPhone, Androidのスマホ、Windows, Macの複数デバイスで利用できるAdLockライセンスをこちらから購入できます。これにより、モバイルだけでなく、Mac、PC、Androidでも信頼性の高い広告ブロックを期待できます。iPhoneやiPadからAndroid駆動のスマートフォンやタブレットまで、YouTubeの広告は表示されません。

 

AdLockを使用してiPhoneでYouTube広告を停止する方法

 

アプリを使用してYouTubeで広告を自動的にスキップする

YouTubeで表示される広告コンテンツを減らすもう一つの方法は、「スキップ」ボタンを自動的に起動するアプリです。現在、いくつかのアプリ開発会社がこのような広告スキッパーを開発しており、詳しい方は「Cygery AdSkip」や「Ad Skipper on YouTube」などの名前を目にしたことがあるかもしれません。

基本的に、これらの広告スキッパーは、広告をトレースすると、ユーザーが手動で広告スキップする動作を起こさなくても、事実上「広告をスキップ」ボタンをクリックする一連のアクションを起動するマクロスクリプトです。

マクロスクリプトはコードにアクセスする必要がないため、デバイスのOSをクラックするような面倒な作業は必要ありません。ただし、このようなアプリケーションの欠点は、CMが始まってから「スキップ」ボタンが表示されるまでの間、YouTubeの動画が中断されてしまうことです。

 

iPhoneでYouTubeビデオをダウンロードする

動画広告なしでYouTube動画を視聴する最も簡単な方法は、利用するデバイス(機器)にダウンロードすることです。ダウンロードしたYouTubeビデオには広告は表示されません。これは、動的に埋め込まれた広告コンテンツがない状態のもともとのビデオファイルをダウンロードするためです。

ビデオのダウンロードは、データ通信の節約、インターネットがない、またはインターネットが不十分な場所に出かけるときに便利です。いずれにしても、出かける前に自宅のWiFiでYouTubeから何十本もの動画をダウンロードすると便利かもしれません。

 

無料でiPhoneのYouTubeアプリから広告をブロックする方法

これまでSafariを利用したYouTube広告ブロックについてご案内しましたが、YouTubeアプリの広告ブロックをどうするか?という大きな問題があります。

YouTubeアプリは、iOSとAndroidの両方で広告ブロックを困難にしている要塞の壁のようなものです。有名な広告ブロックアプリはどれも、YouTubeアプリの広告をブロックすることはまだできませんでした。しかし、AdLockはこの大きな問題を解決することができた唯一の広告ブロックアプリです。

これは AdLock for iOSの大幅なアップデートにより、AdLockのYouTube専用プレーヤーを搭載し、YouTube動画を見ることができるようになりました。利用方法は閲覧したい動画を開いて「共有」ボタンをタップし、アプリのリストからAdLockを選択するだけです。まずは最新のiOS用AdLockアプリをインストールしてください。YouTube、その他広告無しのインターネットがどれほど快適になるかを実感してください。

そしてAdLockのYouTube専用プレイヤーのメリットは、なんと有料のYouTubeプレミアムに入らないとできないYouTube動画のバックグラウンド再生やピクチャ・イン・ピクチャ機能でLineをしながら、ニュースアプリを見ながらYouTubeが再生できるアプリです!その詳細はまた別途ご紹介します。

方法その1

動画を閲覧している途中で広告ブロックする場合は動画のすぐ下にある
①「共有」ボタンをタップ > ②共有アプリ一覧から「その他」をタップ > ③「AdLock」をタップ。これだけです。

方法その2

YouTubeの一覧から広告ブロックするには
①動画右下にある「縦に3つ並んでいる点」をタップ > ②下から出てくる項目から「共有」をタップ > ③「その他」をタップ > ④AdLock」をタップ。これだけです。

少しめんどくさいと思ってしまう方もいるかもしれません。しかし、ほんの2秒、3秒の時間しかかかりません。動画広告を見るよりストレスは少ないはずです。

 

残念ですがどうしてもAdLockを利用したくない場合は、もうほかの広告ブロックアプリをを探さず、YouTube Premiumを毎月1,180円で契約することが、唯一の確実な方法です。

YouTube Premiumを使用し、YouTubeを広告無しで視聴するための月額料金を支払うことは、個人個人の選択です。ひとつはっきりしているのは、インターネットの世界ではほぼどこに行っても広告がついて回るということです。AdLockは無料体験期間があります。ぜひ一度お試しください。

無料版ダウンロード

広告ブロックアプリ AdLock 無料ダウンロード
iOS
Android
Windows
macOS

スマホ/タブレット/PCの
広告をブロック

無料版ダウンロード

Photo by Souvik Banerjee on Unsplash

QRコードを読み込む(スマホ用)
今すぐダウンロード(PC用)